顧客資産の分別管理

エンタメ@旬 サイト

エンターテイメント、ジャニーズ大好き。アイドル達の旬ニュース。

 

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浅田真央ちゃん、世界フィギュア優勝2年振り」

浅田真央ちゃん、世界フィギュア、優勝。
SP2位から、フリーで、逆転。


引用ここから
真央、世界フィギュア制す!男女アベックVの快挙達成

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は27日、イタリアのトリノで女子フリーを行い、バンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央(中京大)が2年ぶりの優勝を飾った。男子では高橋大輔が優勝しており、初の日本人アベック優勝となった。

【写真で見る】真央、2年ぶりV!男女アベック優勝の快挙達成

 前日のショートプログラム(SP)で2位に付けていた浅田は、トリプルアクセルの一つは回転不足と取られたが、安定した演技で終了後は笑顔を弾けさせた。浅田はフリーで129・50点を獲得し、SPの68・08点との合計で197・58点をマークした。

 SPで7位と大きく出遅れていた金妍児はジャンプでの転倒などが響き、合計190・79点と自身が五輪で記録した228・56点に遠く及ばず2位。3位には178・62点を獲得したフィンランドのラウラ・レピストが続いた。

 SP11位の安藤美姫はフリーで122・04点を記録し、合計で177・82点の4位、鈴木明子は160・04点で11位だった。

引用:サンケイスポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000500-sanspo-spo

最後に、浅田真央ちゃんの笑顔が見られたのが良かったですね。
真央らしく

ほとんどの、選手はオリンピックにピークを持っていくように調整していたでしょうから、オリンピック後に、また、自身の体調や、メンタルを高めて行くことはとても大変だったのではないでしょうか?

浅田真央のそういう、精神力の強さと言うか、負けず嫌いなトコは、とても好きですし、敬服しますね。→ワールド・フィギュアスケート(42)



キムヨナも、オリンピック後のセレモニーや、優勝してトップに登ったという事で、自身の気持ちの整理や、今回の大会に向けての集中が難しかったのではないかと、思います。

大会毎に、集中して、パーフェクトに演技していくことは、如何に大変なことなのか、そして、オリンピックまで、キムヨナはそれをやってのけたんだと思うと、やはり、まだ、19歳で、ものすごい精神力と、集中力を持つ選手なのだと思います。

そういう中での、浅田真央選手の、優勝、おめでとうございます。


長洲未来も、恐るべき16歳ですね。

SP1位を、活かせず7位と言うのは、、無心で滑ること、集中することが如何に大事かと言うことだと思います。

まだ、フリーの演技派見てないのですが、今晩じっくり見たいと思います。
フィギュアスケートに懸ける人々

楽しみですね。

人気ブログランキングへ
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

杏仁

Author:杏仁
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

あし@

右サイドメニュー

                    

★-私にだってできる-★


応援ありがとう
ございます
人気ブログランキングへ

 人気ブログランキングへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。