顧客資産の分別管理

エンタメ@旬 サイト

エンターテイメント、ジャニーズ大好き。アイドル達の旬ニュース。

 

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「映画『キャタピラー』公開、寺島しのぶ「死ぬまで付いていく」

寺島しのぶ主演の「キャタピラー」、銀熊賞受賞より、映画公開の方がうれしかったのでしょう。


引用ここから
寺島しのぶ、仏人の夫の前で感極まって涙!銀熊賞をもたらした若松監督に「死ぬまでついていく」と宣言!!

思わず感極まりました! -寺島しのぶ-
 14日、テアトル新宿で映画『キャタピラー』初日舞台あいさつが行われ、寺島しのぶ大西信満、篠原勝之、粕谷佳五、増田恵美、そして若松孝二監督が登壇した。
豊川悦司/寺島しのぶ/愛の流刑地

映画『キャタピラー』写真ギャラリー

 沖縄ではひめゆり学徒隊が集団自死した6月19日、広島では原爆が投下された8月6日、そして長崎も原爆が投下された8月9日と、若松監督の反戦への思いから、第二次世界大戦にかかわる日ごとに上映されては反響を呼んできた本作。そして終戦記念日の前日、日本がポツダム宣言を受諾し、終戦が決定した14 日に初日を迎えることになった。


 寺島にとっては、第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞して以来、ようやく迎えた日本での初日ということで、その瞳には涙がジワリ。「これだけ思い入れのある映画に出られたことは一生の宝です。朝から大勢の方が観に来てくださって、感謝の気持ちでいっぱいです」と時折り言葉を詰まらせながらも、感極まった様子だった。一方、四股を失った夫役を熱演した大西も「8月14日に公開されると聞いて、時間があきましたが、いよいよ皆さんに観てもらえることになって嬉しく思っています」と晴れ晴れとした表情だった。

 舞台あいさつ後、報道陣の取材を受けた寺島は「これほど自分の映画を観てもらいたいと思える映画にはなかなか巡りあわないので、お客さんが入っているのを見たら胸が熱くなって」と涙の理由を説明。そして満席の客席には寺島の夫で、フランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏とその娘さんの姿もあった。ヨーロッパ人である彼にとって、ベルリン国際映画祭の重みがどれだけすごいことか分かっていると前置きした上で寺島は「そういう奥さんを持って幸せだと。わたしのベストパフォーマンスだと言っていただきました」とさりげなくおのろけ。そして寺島に銀熊賞をもたらした若松監督に「次回作は通行人でも何でもやります。死ぬまでついていこうと思います」とぞっこんの様子だった。

 本作は、反権力を標榜(ひょうぼう)し、ピンク映画、一般映画、テレビ作品などあらゆるジャンルを超越して問題作を発表し続ける映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の若松孝二監督が、戦争の愚かさと悲しみを描いた反戦ドラマ。太平洋戦争のさなかに四肢を失い、顔は焼けただれた姿で帰還した傷病兵・久蔵(大西)とその妻・シゲ子(寺島)の姿を描きだす。

8月14日15時34分配信 シネマトゥデイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100814-00000024-flix-movi



このお話は、ずいぶん昔、「はだしのゲン」を、マンガで読んだときに、傷病兵のエピソードで書かれていたように思います。

戦時中ですので、死ぬのは「お国のため」ですし、死なないで大変な目にあって戻ってきても、「国に尽くした、イキガミ様」のように、褒め称えることで、傷病兵本人や、家族の悲しみや、憤りを、ごまかし、握り潰していたのでしょう。

国家の欺瞞です。

傷病兵役の大西信満ではなく、妻のシゲ子役の、寺島しのぶが、主演なんですね。

赤目四十八瀧心中未遂/寺島しのぶ


正直、暗い話は、重くて、見るのも辛いですが、日本人としても知っておくべきコトだとも思います。


終戦記念日だと言うことで、明日8月15日は、また様々な、企画がされるでしょう。
TVでも、あると思います。

一つくらいは、見ておこうかなって思います。



ゲゲゲの女房」も、茂の戦時中の話のようです。

やはり、片腕を失ったが、生きて帰ってきた南の島の話です。
小隊の中で、生き残ったのは、茂一人だったと、いいます。



この映画「キャタピラー」の久蔵も、生き残って帰ってきた、ラッキーな男だったのかも知れません。

戦争で死ぬより、生き残って「キャタピラー」(芋虫)になって、生きて行かなくては、いけなくなったことが、更に、辛いことなのではないかと、そう言うコトなのでしょうか?







子供の頃、教えてもらった歌で、「私たちは、戦争の被害者で、加害者の子供なんです」って。
いろいろ考える、8月です。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100814-00000010-mantan-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100814-00000303-dal-ent
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

杏仁

Author:杏仁
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

あし@

右サイドメニュー

                    

★-私にだってできる-★


応援ありがとう
ございます
人気ブログランキングへ

 人気ブログランキングへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。