顧客資産の分別管理

エンタメ@旬 サイト

エンターテイメント、ジャニーズ大好き。アイドル達の旬ニュース。

 

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松山ケンイチ、『大切な人』喜んでくれています。」

松山ケンイチが受賞の副賞でもらった車の助手席に乗せるのは『大切な人』ということですが。
『大切な人』とは、小雪のことなんでしょうか?



引用ここから
松山ケンイチ、受賞商品は大切な人と?に「そうします」と素直にコメント!

いつでも素直でまじめな松山ケンイチ

 8日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールにて、第64回毎日映画コンクール表彰式が行なわれ、男優主演賞受賞の松山ケンイチ、日本映画大賞(最高賞)を受賞した映画沈まぬ太陽の若松節朗監督、女優主演賞受賞の小西真奈美(映画のんちゃんのり弁)らが登壇した。


【関連写真】映画『ウルトラミラクルラブストーリー』

 松山が栄冠を手にした対象作品は、横浜聡子監督の映画ウルトラミラクルラブストーリー。青森県を舞台に、軽快で優しく、それでいて深いメッセージ性のあるラブストーリーだ。松山は今回の受賞に関して、「本当に光栄に思います」と謙虚な面持ち。「舞台が青森だし、僕も青森出身なのですけど、監督も同じ青森出身だったので、とても縁を感じた映画でした。僕の実力ではなく、監督のおかげだと思います」と喜びを語った。

 また、副賞として、日産自動車FUGAをプレゼントされた松山は、「この車は2台目になるのですが、大切に乗らせていただきます」とコメント。それを受けた報道陣から、「男性は車の助手席に一番大切な人を乗せるといいますが、どうしますか?」と聞かれ、「そうですね、そうします」と即答。恋人とうわさされる小雪には、受賞の報告をしたそうで、

喜んでくれています
と素直に答えた。
終始松山は、まじめな顔で応答。それだけ
一番大切な人
とは、真剣な交際をしていると思わせるような印象だった。

 毎日映画コンクールは、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社が主催する歴史ある映画賞。「健全な国民文化の育成と戦後の日本映画の復興と興隆」を目的として、1946年(昭和21年)に創設された。

各受賞者、受賞作品は以下のとおり。
<作品部門>
日本映画大賞
『沈まぬ太陽』(若松節朗監督作品)
日本映画優秀賞
『劔岳 点の記』(木村大作監督作品)
外国映画ベストワン賞
『グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド監督作品)
<俳優部門>

男優主演賞
松山ケンイチ『ウルトラミラクルラブストーリー』

女優主演賞
小西真奈美『のんちゃんのり弁』
男優助演賞
岸部一徳『大阪ハムレット』
女優助演賞
八千草薫『ディア・ドクター』
スポニチグランプリ新人賞
西島隆弘『愛のむきだし』
スポニチグランプリ新人賞
満島ひかり『愛のむきだし』
田中絹代賞
高橋惠子

【関連情報】
映画『ウルトラミラクルラブストーリー』松山ケンイチ、麻生久美子 単独インタビュー
熱愛報道の松山ケンイチと小雪、視線をからませず…
マツケン、小雪も感無量!『カムイ外伝』レッドカーペットセレモニーに5,000人!

最終更新:2月8日17時41分

引用:シネマトゥデイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000025-flix-movi


松山ケンイチ、順調交際中の小雪は「大切な人」
オリコンスタイル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000006-oric-ent

オリコンスタイルの方の書き込み読むと、ほとんどが、松山ケンイチファンの書いたもののようですね。

松ケンは好きだけど・・・・小雪は・・・と言う意見と、キチンと交際を認めてかっこいい、という意見が、多いです。


松山ケンイチ小雪ってホントに付き合ってるんですか?
以前の「ハイハイ」や、今回も、「大切な人」って、だれ?って言ってないし。
キチンと交際認めた発言って、いつしたんでしょう?

芸能ニュースは、裏を読まないといけないのか、私にはよくわかりません。



ともかく、主演男優賞・・・あ違った、男優主演賞おめでとうございます。

この、ウルトラミラクルラブストーリーそのものについて、全く記事が触れてないですが、これ、ほんとに変わった話です。


ちょっと違うけど、人のセックスを笑うなの"みるめ"くんみたいな感じ?。

みるめくんは、奔放な年上の女性に振り回されっぱなしだけど、"陽人"は、大好きな町子先生と、一緒に居たくて町子先生の迷惑も顧みず職場に押しかけたり、先生に好かれたくて、とんでもない行動に出てしまう・・・って話なんですが。

これ、なんでこんな風な、ラストなんだろうってよく話がわからないんですけどね、私は。

松山ケンイチじゃない、"陽人"に会える映画です。
まだ見たことない方は、DVD出てますので、TSUTAYAで借りて見てみてください。
ウルトラミラクルラブストーリー

これもかわいい、松山ケンイチくん。
アカルイミライ/オダギリジョー・”17才”松山ケンイチのデビュー作!

不思議な話です。

人気ブログランキングへ

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

杏仁

Author:杏仁
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

あし@

右サイドメニュー

                    

★-私にだってできる-★


応援ありがとう
ございます
人気ブログランキングへ

 人気ブログランキングへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。